「学校からのお知らせ」カテゴリーアーカイブ

ありがとう会食

1月25日、今日は、いつもおいしい給食を作ってくださる調理師の方々と学校の事務仕事をしてくださっている方々をランチルームにお招きし、感謝の気持ちを伝える「ありがとう会食」を行いました。子供たちは、少し恥ずかしそうにしながらも、招待した方々と話をしながら楽しそうに給食を食べていました。

また、招待した方々に感謝の気持ちを込めたお手紙を渡したり、感謝の気持ちを込めた踊りと歌を発表したりしました。子供たちの学校生活はたくさんの方々に支えられています。これからも感謝の気持ちをもって、毎日の学校生活を過ごし、心豊かに成長してくれることを願っています。

3・4年生 宿泊学習

3・4年生が宿泊学習を行いました。

1日目は、くろべ牧場まきばの風でのアイスクリーム作り体験からスタート。搾りたての牛乳で作ったアイスクリームを食べた子供たちは「おいしい~」「濃い!」などと言いながら、ペロッと平らげていました。

「あこや~の」に着いてからは、ウォークラリー、バルーンボールなどの活動にグループで力を合わせ取り組みました。天気に恵まれ、汗びっしょりになりながら、グループで協力し合い活動していました。

2日目には、子供たちが楽しみにしていた野外炊飯を行いました。今回はカレーライス作りに挑戦。お米を研ぐ、まきを割って火を起こす、野菜を切るなど、子供たちにとって初めての体験をたくさん経験できたようでした。

2日間の生活の中で、マナーを守り施設を大切に使おうとする姿、時計を見てスケジュールに合わせて行動する姿、グループで励まし合い力を合わせて活動する姿など、子供たちの成長をたくさん感じることができました。今後にも活かしていってくれることを願っています。

広島、登米市の報告会

夏休み中に全校を代表して広島記念平和式典(8/5~8/6)に参加した児童と、入善町の姉妹都市である登米市との交流事業(8/8~8/10)に参加した児童が、全校児童に向けて体験から学んできたことを伝える報告会を行いました。平和記念式典に参加した児童は厳かな式典の様子や原爆資料館の展示物等から当時の人々の様子を伝え、平和を大切にし、守っていきたいという思いを語っていました。登米市との交流事業に参加した児童は、登米市の同世代の子供たちと楽しく交流したことや、東日本大震災で被災した地域を見学して感じたことを紹介しました。

6年生の発表を聞く児童たちは、プレゼンテーションの写真を食い入るように見ながら、興味津々の様子でした。広島の原爆の恐ろしさや、東日本大震災についても心を寄せながら聞いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA