ひばり野77集会

 

縦割り班で協力して、クイズ、空き缶積み、ピンポン玉遊び、宝探し、新聞紙に何人乗れるかの5つミッションの達成を目指した「ひばり野77集会」を行いました。フレンドリー委員会が中心となって、準備や進行を行いました。集会では、5つの縦割り班が5つのミッションツアーに協力して挑戦しました。インタビュータイムでは、「縦割り班で協力できて、とても楽しかったです。」との、感想が多くあり、笑顔いっぱいの時間になりました。

 

ひばりっ子秋祭り

1・2年生が、ひばり野保育所の年長・年中児と入善幼稚園の2名を招待して「ひばりっ子秋祭り」を行いました。どんぐりや落ち葉を利用して、自然とふれあいながら楽しめる「お店」を作り、元気いっぱいの声で園児を呼び込む等1、2年生はとてもはり切っていました。どのお店も次々に園児が訪れ、楽しそうに遊ぶ声が聞こえてきました。翌日は、3年~6年の児童を招待して、全校で楽しみました。

5・6年生車椅子体験

5、6年生が、寿楽苑訪問で入居者のみなさんと交流するために、寿楽苑の方々から車椅子について、知識を身に付けたり、介助の仕方を教わったりしました。車椅子を押す児童は、車椅子に座る人の膝に触れ、しゃがみながら話しかけたりなど、安心してもらえるような心遣いをしていました。

 

 

 

ふれあい給食会

学校田でお世話になったJAみな穂青壮年部の方々、学校生活でお世話になっている舟見地区福寿会の方々、野中地区福寿会の方々を招待して「ふれあい給食会」を行いました。給食を一緒に食べながら、昔の給食のことやお米ができるまでの話をしたりして、交流を深めました。また、3年生がモチモチの木のコール劇を発表しました。短い時間でしたが、楽しいひとときになりました。

サイエンスカー訪問活動

県総合教育センターより4名の先生が来校され、全校児童に理科の実験や体験活動を通して、科学のおもしろさを伝えてくださいました。1・2年生は「しゃぼん玉遊び(空気遊び)」、3・4年生は「骨と筋肉の働き」、5・6年生は「電気の利用」について学びました。どの学年も、体験しながら学ぶことができ、子供たちはとても楽しそうでした。4名の先生方と一緒に食べた給食では、普段感じている「不思議」についてたくさん質問する姿が見られました。